[PR] 美容整形 "Happiest"な私。 パターンⅡ
--/--/--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007/01/22(月) パターンⅡ
さっきの続きのようで、別の話。


鱸せんせーに、
「あとで、Sくんと話をつける、でいいね?」
と問われたため、承諾。


で、教室への帰路の渡り廊下を歩いていた所、Sが前方から来るのが見えたため。

引き返す。
だが、失敗。
後ろには2年がぞろぞろで、保健室入り口に着けなかった。

(´・ω・`)


Sも来て、とりあえず色々話した。
「俺が言ったのはあすみちゃんじゃなくて、廊下に居たKくんに対してであって・・・・」

誤解だった、と言いたい訳ね。


で、色々と話したわけさ。
すると、まめたがやってきた。

「S!!S~!!」

Sからとある情報を取り入れようと思っていた、矢先だった。
あんまり五月蝿かったため、話そうと思っていたことも忘れてまめたの腕を掴む。

「五月蝿い」
と聞こえないようにつぶやいた後、掴んだ腕に力を入れ

○ノシ
|   O、  
人   ,ノ`

 
笑顔で投げた(ぁ

Sも2年も驚いていた。(そりゃあな



痛かったらしい。
ごめんよ、まめた。
スポンサーサイト

テーマ:中学生日記 - ジャンル:日記

| 中学生日記 | コメント(2) |
<<席替え。 | ホーム | パターン>>
コメント
タイトル:
その日、まめ太こと私は、集会があった。足を怪我していたから、皆に待っててもらいながらも、階段を上がり、廊下を歩く。T字通路を突っ切ろうとしたら、
不思議な組み合わせが1ペア視界に入った。一瞬親子かと思ったのだがよーーーっく見れば、壁側のちっちゃい人=姉(明日実)とその向かい側の背のたーっかいSだったのだ!コレを見逃す私ではない!そこで、コッソリ壁に隠れて覗いたら・・・どうやら二人は複雑な関係のようだった(まめ太ビジョン)
二人が喋ってるのをいい事に、勝手にアテレコしてみた。

ちっちゃい人(前方を見て、後ろに逃げる)「デカイ人…だわ!逃げなきゃっ」
デカイ人「ちっちゃい人!探したぞ!どこに行ってたんだ!」(歩いてきて、ハッとちっちゃい人の存在に気付く)
ちっちゃい人「私たちは終わったのよもう私の前に現れないで!」

v-190まめ太ビジョンです。実際には大きく90度違います。

デカイ人「馬鹿ヤロウ!俺が生涯愛していくのは、ちっちゃい人だけだ!」
ちっちゃい人「どっちが馬鹿だって?」


v-190まめ太ビジョンです。実際には大きく180度違います。


そこで私は飛び出していった。どっぷり自分の妄想にはまったまま割り込んだ。

「明日実!明日実!(あんたら凄いよと言いたいらしい)」
「パパ!パパ!《Sのあだ名》(愛の力を見せ付けたんだね!)

半ば感動(妄想によって)している私を見て、姉とSは、きょとんとしていた。
突然姉が私の腕を掴み、あ ッという間に背負い投げをした。
正直痛かったよ・・・だって2mくらい吹っ飛んだんよ。ビビッたし。こんな細ッこい身体の何所にこんな馬鹿力があるんのー!?って感じ。
By:まめ太 2007/01/23(火) 17:26:35 URL [編集]
タイトル:
O  けりっ
ト -☆ O―

明日、学校から家まで、歩いて帰ってくること(鬼ゃ
By:明日実 2007/01/23(火) 17:55:21 URL [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示許可
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。